こだわりのアトピー


おはようございます、岩田美絵です。

まだまだ蒸し暑いですね~。

気温は高くなくとも意外と汗をかいているのですが、アトピーの人は汗の成分で痒みが出やすいので、適度にシャワーをささっと浴びると良いですね。

その時に、石けん類を使わないようにね!

 

さて、昨日の記事「」ですが、ハチミツを使ったレシピだとヴィーガンの方は使えませんので、その場合の代案も講師としては検討する必要がありますね。ご注意下さいませ。

 

今日は、ある印象的なアトピーの患者さんが来院されましたので、その事についてご紹介します。

 

そのアトピー患者さんは、10年ほどステロイド剤を使われていた方でした。ご本人の意思で、バッサリとステロイドの使用を止めてしまったものですから、かなり脱ステに苦労している所です。

 

私の考えでは、長年ステロイドを使用していた人が脱ステする場合、徐々に量を少なくする方法や、一度ステロイドを使用して一気に綺麗にしてから、他の薬に置き換えて様子を見る方法などをお勧めしています。

※いずれも皮膚科医の下で行ってもらいます

 

いずれにしても、いきなりステロイドの使用をバタっと止める行動は、場合によっては必要以上のリバウンドの苦しみを生む事になるかもしれない、そう考えています。

 

でもその患者さんは、自分の意思でいきなりバタっと止めてしまったという経緯があります。

私がお会いしたのは脱ステした直後です。

 

かなりハラハラしたのですが、それでも良くなったり悪くなったりの波を何度も繰り返しながら、少しずつ良い方向へ上昇しているように思います。

 

ですが・・・

 

これは私も含めた多くのアトピーさんの悪い点だと思いますが、アトピーが治りたいと言いつつ、反面アトピーの状態である自分に依存している方は多いです。

 

実は私もそうでした。

私にとってはアトピーは自己表現でした。

アトピーで、自分の存在を相手や周囲に伝えていたのです。

 

以前の私のブログで、同様の事をご説明させて頂いてます。

「」

 

「アトピーである自分が必要」

という意味、ご理解頂けますでしょうか。

 

今そのアトピーの状態が貴方を支えているならば、そのまま甘えてしまっても良いかもしえrません。

 

でも治りたいのであれば・・・・

 

手放そう!

 

食事療法や運動などで、ある程度8割方は大体良くなります。

でも、最後の一山がなかなか超えられない人が多いです。

 

その最後の一山が、「アトピーである自分を手離す」作業かと。

そう思っています。

 

そのためには、過去の自分を否定する作業を行わなくてはなりません。

それは辛い作業です。

 

ここで話しを元に戻しますが、

その患者さんにも

「なぜ貴方がアトピーでなければならないのか、考えてみて下さい」と宿題を出してあります。

 

でも本人は「全く分からない」と言います。

自分がアトピーである必要は無いし、アトピーである事に依存なんてしていないと。

 

私は問診でお話しを伺った中に、ヒントは沢山あったように考えてました。

 

少し荒療治だけど手助けしようかと思い、ちょっと直接的に質問してみました。

 

ある意味、患者さんを否定するような質問です。

 

すると、患者さんの口調は早くなり、声が大きくなりました。

 

良い調子です。

このまま言ってしまえば良いのです。

 

はい、出ました。

「治して欲しいのに、治してくれない。」

 

うん。

そうだね。

 

「誰かに助けて欲しい、けど誰も私を大切にしてくれない」

そう言いたいのかもしれないね。

 

でも「治すのは自分」。

自分でリズムを刻まないとね。

 

自分で治すという方向に思考が変わったら、きっと・・・

 

自分で何でも調べて

行動し

取り入れて

試してみて

多少失敗しても「こんなもんさ」と笑い飛ばし

失敗を次へと繋げる

 

そういう風にベクトルがどんどん回転し始めるよね。

 

きっとこれで、少し良くなる方向に行くんじゃないかな。

 

私は期待しています。

 

。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ちょっとお知らせ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。

 

現在、治療の曜日を限定し、水・木・土曜日限定で活動しています。

 

アメンバー申請は、患者さんに限定させて頂いてます。申請して下さる患者さんは、お名前をお申し出て下さい。

 

 

ホリスティック医療コーディネイター 岩田美絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アトピー 奇抜は風化する、本質は残る。


こんにちは?
こにしちよみです
今日は油のことを…


わたしの事シリーズの中で出てきてた油のこと。
わたしの事???
ずっと書きたいと思っていたのだけど、
後回しになっていて
今になってしまいました…
長いです
覚悟してお読み下さいませw
長いのむりーな方はスルーして下さいませ。

『油』のこと。
油?なんで油?と思いますか?
油って実はものすごく大切な栄養素で、
体には必要なんです。
三男妊娠中も油が必要という事は理解してたので、
ノンオイルとか油使わないとかそんなことはしてなかったですが、
どんな種類の油なの?
=どんな脂肪酸組成なの?
という部分は無視してました。
それよりも当時のわたしは質重視だったので
今でも質は大事と思ってますけどね?


低温圧縮法(コールドプレス)で
一番搾りで
遺伝子組み換えでない
無農薬の
遮光瓶の
瓶詰めの
ものなら大丈夫!という選び方をしてました。
そこに、『何の』油か?
という項目はなしでした。
1番使ってたのは菜種油かなぁ…
ごま油も使ってたけど、調理に使うのは菜種油が多かったです。
一般に出回っているスーパーにある油といえば、
プラスチックボトルに入っている油を想像されるかと思います。
それが1番身近で手に入りやすいですよね。
どうやって作られてるかというと、
原料のタネを高温で圧縮して、
ヘキサンという溶剤を使ってこれでもかってくらい、油を抽出します。
このヘキサンがものすごく劇薬で、
抽出した油にヘキサンが残っていたら困るので
また高温(230度?245度)で加熱してヘキサンを揮発させます。
これまでの工程の中にも色んな添加物で加工して、
最終的に脱臭するのに高温で加熱してあります。
さらに高温処理によるトランス化も。
トランス脂肪酸も含みます。
(トランス化に関しても色々誤解があり…)
プラスチックボトルからの環境ホルモンの流出。
遺伝子組み換え原料。
色々影響があります…あの油たちは
わたしが選んでいたコールドプレスの油と、
一般に出回る油と、
品質から見れば全然違うし、
もちろんコールドプレスの油の質は素晴らしいものだと思います。
ただ、ここでいうのは違う見方。
その油がどんな種類の油で、
(どんな脂肪酸組成で)
身体に入ったときどんなことが起こるのか。
油=酸化するという事は知っていたけど、
重要視していませんでした。
長男次男の妊娠中は
何となく油を使うのが嫌で
当時の私にはヘキサン抽出などの知識は全くないです)
極力油使わないように摂らないように意識してました。
ノンオイル=ヘルシーてな感じです。
それに比べて三男の妊娠中には、油は必要だって頭があるので
制限することなく普通に使ってたので、
油の摂取量は三男の時の方が多かったです。
生まれてきた三男の治らない湿疹にすごく疑問が湧いて、
食べるものには1番気をつけてたはずなのに、なんで?と。
もう一回調べ直そうと思い、
そこから色々探り、調べ、振り返り…
わたしが摂取してた油は『酸化する油
酸素と結びつく事ができる油
=体内で過酸化脂質になる油
身体に必要な油は『酸化しない油
酸素と結びつく事ができない油
=体内でも酸化せず、細胞の材料やエネルギーになる油
油の事にたどり着いた時に、これなら辻褄が合うなぁと思いました。
色んな?が溶けていく。
それでも自分だけで調べる知識だけではしっかりと理解できなくて。
そんな時にわたしが受けたカウンセリング。
以前からずっと見させて頂いてたブログがあって、
藤原悠馬さんの
この方は10年間菜食(マクロビオティック)をされていて、
自身の体調不良を期に勉強されて、発信を続けておられる
ものすごーーーーい知識量の方です
ブログを見てもらったらわかるけど、
かなり濃くマニアックな感じですw
悠馬さんのブログは最初から見ていて、
どこにも属さない1匹狼的な雰囲気が好きで、
そして常に自然への感謝と尊敬を忘れない姿勢に
他にはない学びの視点で発信されているのがすごく魅力的だなぁと
いつも見させてもらってました。
ただ、ものすごく難しいんです笑
わたしの頭ではついていけず、
でも油の事に関して詳しく書かれていて
カウンセリングを開始された時すぐ申し込みました。
そこで油の講義も受けました。
『謎はすべて解けた』
ですよ、全く。
今までの?も解けて、
ひとつひとつでしか知らなかった事が繋がり、
ガチガチだったわたしの頭もゆるみ、
なぞが解けたという安心感で、
胸がいっぱいでした。
悠馬さんのブログを読むだけでも、
かなーりの勉強になります。
油に関しての事も載ってます
油の講義は2回受けました。
2回受けてやっと落とし込めました
もう、頭から湯気がぷしゅーですよ



2回目は衛生士の友達と一緒に少人数制の講義をして頂きました。

みんな真剣…  笑
友達のお家、素敵すぎる?
誰か油の講義受けたい方いませんか?
わたし主催します。
京丹後でできたらなぁ…
本気の勉強会なので、
みんなやろうやろう!とは言えないんですけども…
わたしもう一回受けたいです。
それくらい!!
油のことって重要なんです。
なぜなら、その過酸化脂質が現代に蔓延しているいろーんな慢性炎症の原因…
虫歯も、関係してますよっ!
わたしは砂糖にフォーカスしてた所もあって、
油に関してはスルーしてました
わたしたちの身体を構成する細胞ひとつひとつも油でできていて、
その細胞を構成する油が酸化した油(酸化する油)だったらどうかな
その細胞はちゃんと機能するのかな
その細胞の中にあるミトコンドリアはちゃんとエネルギーつくれるのかな
エネルギーが作れないと身体はどうするのかな
油のことを考えると、そこからいろんな方面へ繋がって影響していきます。
そんな風に考えていくと、おのずと何が必要なのかが見えてくる。
それを自然の法則と結びつけて考えるから、否定できない。
『ガラスを落としたら割れる』というような、
不変的な事実から考える油のことです。
油に関しては、刷り込みもかなりあって
植物油は血液サラサラ?
飽和脂肪酸は血液ドロドロ?
(動物の油やバター、ココナッツオイルなど)

という『イメージ』があると思います。
オメガ6は炎症を起こす油。
オメガ3は炎症を抑える油。
今の流行で言うと、
オメガ6とオメガ3のバランスをとりましょう。
オメガ3が足りてないからサプリでとりましょう。
オメガ3の油を積極的にとりましょう。
など、よく聞きます。
わたしもそう思ってました
そう思ってオメガ3のサプリ飲んだこともあったし、
発酵タラ肝油飲んでた事もありましたし…
臭いのに… 。    酸化して臭い…。
油をみる時は化学式でみるのが一番わかりやすいです。
酸化する=二重結合がある
         (不飽和脂肪酸
             酸素と結びつく手があるよ?
酸化しやすい=二重結合がたくさんある
          (不飽和脂肪酸
            酸素と結びつく手がいっぱいあるよ?

酸化しない=二重結合がない
             (飽和脂肪酸)
              酸素と結びつく手が余ってないよ?

不飽和脂肪酸の中でも…
オメガ3脂肪酸というのは、
二重結合が2個以上ある(3?6個)
多価長鎖不飽和脂肪酸
??亜麻仁油、フィッシュオイル、エゴマ油など

オメガ6脂肪酸というのは、
二重結合が2個以上ある(2?4個)
多価長鎖不飽和脂肪酸
??菜種油、米油、などのシードオイル系。種子からの油


オメガ9脂肪酸というのは、
二重結合が1個の
一価長鎖不飽和脂肪酸
??オリーブオイル、ナッツ類など



などと、二重結合の場所と数によってわけられます。
二重結合がたくさんある方が酸化しやすいので、
オメガ3系の油が最も酸化しやすいです。
酸化していない状態で体内に入っても、
体内の活性酸素と結びついて酸化します…
酸化する油を極力減らす事が、
健康を考えるときには必要だなって
でも書いた調味料の事。
その中でも1番目こだわってほしいのが油だと思ってます。


三男の湿疹があったからわたしはまた学ぶ事ができたし、
間違えてとらえていたことに気づけたし、
物の見方が変わりました。
『症状』『炎症』の捉え方も変わりました。
三男が生まれなかったら、
生活を振り返る事はしなかっただろうし
あのまま過ごしていたらと思うと…
きっと花粉症もアトピーもわたしの湿疹も
良くない方向に行ってたんじゃないかなって思います。
油の事を記事にするのすごく難しくて、
上手く書けてるのかどうなのか…
本当に油に関しては『イメージ』や『刷り込み』の影響が大きくて、
生化学的な事を理解しないと、
実生活に反映するところまでいかないのかも…という思いもあります。
その時はしたとしても続かない…
本当の意味で理解しないと迷いが湧きます
だからこそ、
体のメカニズム
自然の法則
と結びつけて考える事が素晴らしくて。
それを知ったら、
本当にジャッジはいらなくて答えは自分で出せるんです。
『良い』『悪い』の判断でなくて、
おのずと出てくる答え。
わたしがここで簡単に
『あの油がダメで、この油がいいよ』
と言うのではなくて…
食べ物に良いも悪いもないんですよね
『悪い』と注目されているものは、
人間が手を加えて『悪い』ものにしてしまってるものがほとんどと思います。
最初の方に書いた、市販の油にしても
原料の菜種には何の罪もなくて
人間の手で遺伝子を組み替えられ
農薬をかけられ
たくさんの薬と熱で加工され、
石油の入れ物に入れられ
スーパーに並ぶ油になった。
その油をまた人間が
『あれは悪いものだ』と扱う。
『良い』『悪い』だけで判断すると
生活も窮屈になるし、
ある一面だけ見てする判断は、
何にしてもよくないなぁと思います。
そんな生活はしんどいです
『良いの?悪いの?』
じゃなくて、
『どんなものなの?』
を知って、自分で判断する
油トークしましょう…
書くには難しい…涙
すみません 泣
ではっ