マウスに、ペリオスチンとその受容体であるインテグリンとの結合を阻害する抗体を投与するとアトピー性皮膚炎が起きなくなるということが、佐賀大学を中心とした研究グループにより発表されました。

この結果は、ペリオスチンとインテグリンとの結合阻害剤が、アトピー性皮膚炎の新薬候補になる可能性を示しています。

現在のアトピー性皮膚炎の治療法は、ステロイドや免疫抑制剤、保湿剤の外用が中心で、コントロールができない重症な場合には、ステロイドや免疫抑制剤の内服剤が使用されますが副作用が心配されています。

ペリオスチンをターゲットにした治療薬が開発されれば、大きな副作用を気にせずに治療できるようになることが期待されます。

ペリオスチンをターゲットにした治療薬は、ステロイドや免疫抑制剤の内服が無効な患者に対しても有効性を示すと考えられ、ペリオスチンに対する阻害剤の開発はアトピー性皮膚炎の画期的な新薬となると期待されています。